MadRexVilX

なつかしい懐古ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

トップ

あああああああああああ


現在フラグムービー素材募集中
条件
・サドンアタックのフラグである事
・4KILL以上である事 又は連続3KILL、特殊なKILLである事
・フラグ数が30以上ある事
・撮影ソフトはエンコードソフトなどの広告の無いもの
↑の条件が満たせていればなんでも良いです。
ですが1つお願いがあります。
現在自分自身の編集技術はかなり未熟なので
納得の行くまで何度も作り直し妥協せず作っていきます。
その為長ければ3週間程制作に掛かるかもしれません。
それでも良いと言うのであれば作らせて頂きたい。
誰のフラグで動画を作るかはなるべく先着ですが、素材次第で決めます。
決まり次第募集を締め切らせていただきます。
個人でなくても複数人、クランムービーでも構いません

希望、質問がある方は
この記事に非公開コメントをして下さい。
その後連絡を取り合い制作に当たります。
参考程度に前回作った自身のフラグムービーを張っておきます。
この動画では WindowsMovieMakerを使ってエンコードしたので画質がかなり悪いですが、
今回作る動画の画質は良好だと思われます。


エンコードやフラグシーンの切り取りは希望者側でやって貰い私に受け渡る形に成ります。
エンコードするのに 便利なソフト  aviutl 
詳しい説明サイトは http://www18.atwiki.jp/live2ch/pages/165.html

フラグシーンの設定  
解像度 512x384以上 
FPS 50以上
エンコードの際のビットレート 10Mbps
フラグシーンには初めと終わりに5秒程の余裕を持たせて切り取って下さい。
受け渡しなどは対象者が決まってから、話し合って決めます。

その他不明な点ありましたらコメントお願いします。
スポンサーサイト
別窓 | 日記!!! | コメント:4 | トラックバック:1
∧top | under∨

恋愛について

最近頭の中が恋愛のことばかりだからある程度整理しないとやばいなと思って書いてみようかと思った。

ある程度自分の動向を知る指標として「対象の選択の所以」を使う。
簡単に言えば何をもって他者を恋人にし、好きになるかだとかそういう意味かな。

これは年齢や思想や時期によってかなり変化し続けてきたもので特に一貫性を持たない。

人が人を好きになるのは大きく分けて2種類。
容姿と内面がある。
けども、俺の人生経験上これらを分けて好きになることは非常に難しく大体は
最終的に両方を好きになる。


そのためこれを指標にするのではなくメカニズムを重視することにした。
何をもって好きになり始めるのか。

容姿期
内面期
許容期
拒否期

の4種類から説明する。



容姿期は単純に容姿を見てそれから好きになるタイプ。

内面期は相手の内面をみてそれから好きになるタイプ

許容期は誰でも受け入れ好きになるタイプ

拒否期は誰も好きにならないタイプ。



年齢に追って話してみよう。



①:6歳~18歳は完全なる容姿期である。
自分で書いていて気持ち悪くなってきた。うん。なんか文脈とか関係なく恋愛について書くのって精神衛生上あまりよろしくない。
この時期は人を容姿で選ぶメリットデメリットについては考えていなかった。



②:19歳は内面期。
このころから人を好きになるときのメリットデメリットについて考えだす。
人の内面といっても様々。
自分と似た部分の多い人と付き合うか、それとも自分と真逆の部分の多い人と付き合うかが考えどころだが、
このころは共通項の多い人間と付き合うことを重視していた。


③:20歳~21歳拒否期
恋愛そのものを拒否していた。
恋愛それ自体デメリットしか持っておらずメリットなんて数えられるくらいしかないであろうという考えのもとからである。


④:21歳~22歳許容期及び内面期
この時期は人生において大きな起点でもある。
恋愛は人生において不必要という考えから一転して、恋愛は人生において必要不可欠なものであるという結論に行き着いた。
それ以外にも自分の中にいる硬派な自分を殺したのも大きな実績の一つである。
かつての自分は割と硬派で「好きな人としかやらない」「好きな人としか付き合わない」を貫いてきた(諸説ある。付き合ってきたほとんどの人は相手から好きになってもらってるケースなのだがその後にちゃんと好きになってるから良しとしてくれ)
だがしかし、早稲田で出会った友人の「キスをしてくれ」という願いを聞いて考え方が変わった。
当時「恋愛は一切しない」を貫いており相手もそれを知っていた。
だからこそ相手はキスだけを求めてきた。
だがしかしそこで気づく。
「めっちゃ人傷つけちゃうやん」
それからというもの、何をどう選択しても傷つけるときは傷つけるし、幸せにできるときは幸せにできるのだと知り、
あえて相手に流されるようになっていった。
それからというもの自分の好意にかかわらず相手が自分に好意を持っている限りすべてにこたえるようになった。
これを許容期とする。


許容期になってからは如何に人の好意を受け入れていくかを追求し、その結果幾多もの人を傷つけたため、
次第に如何に人を傷つけない選択をしていくかを重要視するよになっていった。
その結果最終的には「肉体関係を持った人とは付き合う」という至極当然のルールが定まった。

それからはタイミングよく自分のことを好きになってくれた人と付き合い、好きになり一年半の月日を共にした。



しかしながらその人と別れ、ある一定期間をおいてからまた新たな流れが来て今に至る。

⑤:23歳第二容姿期
ここにきて容姿の重要性について気が付かされ始めることになる。
というより「容姿で選んでもよい」と許せた感じかな。

日本には容姿で選んではいけないという暗黙の了解がある気がする。
その影響を真っ向から受けていた私は暫しこれに従っていた。

けれども最終的な結論として
「容姿からであろうが内面からであろうが好きになってしまえば相手の全てを好きになってしまうもの」という結論が
その呪縛から解放してくれた。
そして外見で選ぶメリットデメリットを考慮して、今まで重視してきた内面を一度度外視し、外見から入ってみることにしてみたのが現在である。





こんな感じかなあー



メリットデメリットについてはまだ一度も好きなタイプの容姿の人と付き合ったことがないことから想定の範疇を超えていないため書かないことにする。
別窓 | 日記!!! | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

あ、

もういろいろ疲れた
恋、恋愛、なにもかも期待するだけ無駄
もし彼女が出来て支えてくれたとしても
おかえししてあげられないだろうね。
余裕がないんだよ
残念な男だよな
頼りない男だよな
格好悪いよな
ださいよな
別窓 | 日記!!! | コメント:0 | トラックバック:1
∧top | under∨

また下心が見えた
圧し殺そう
別窓 | 日記!!! | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

あああ
ヤバい頭混乱してきた

ふぅ

鼓動の響きがヤバい



うあああああああ
別窓 | 日記!!! | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
| MadRexVilX | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。